日语四级 2009真题 - 下载本文

とができた。

A.手伝ってくれたせいで B.手伝ってもらったせいで C.手伝ってくれたおかげで D.手伝ってもらったおかげで

59.みんなでずいぶん写真を写した――。しかし、今になると、もっと写しておけばよかったなどと、思ってしまう。

A.ものだった B.ことだった C.わけだった D.はずだった 60.それでは、皆様に鈴木建築の名誉会長で――鈴木氏をご紹介いたします。 A.いられる B.いらっしゃる C.なられる D.ござる

五、次の文章の( )に入る最も適当な言葉を、後のA , B , C , Dから一つ選びなさい。 日本は欧米の先進国がインフレや失業問題に(61)いるのにひきかえ〔1〕、順調な足どりで経済成長を遂げてきた。ここにきて(62)、日本人は世界的視野に立って、產業社会の変化への対応、人間としての生き方、労働に対する考え方などを自問する(63)。その萌芽は日本が成熟社会に入ったといわれる一九七〇年代からすでにあった。(64)、日本型產業構造にまでメスが入り、積極的に企業改革に取り組みは始めてから、まだ日は浅い。

では、具体的な変化のきざし〔3〕はどのようなところに現れているのだろうか。 產業構造が転換期を迎えたこと(65)、雇用情勢は揺れ動いている。

(66)、国鉄、造船、鉄鋼などの業界の人減らし、都会を中心とする第三次産業の膨張とその産業の雇用人数の増加、国際化、情報化に伴う新たな人材への需要、終身雇用や年功序列〔4〕といった日本的な雇用制度の変化など、雇用情勢の様変わりが激しい。 (67)、集団主義、帰属主義という意識が、若者を中心に薄れてきている。 消費多様化時代になって、旧来の集団主義的な発想は(68)。次世代を担う若者た

ちの間では旧世代がとまどう〔6〕ほど私生活中心の個人主義が徹底している。

自分の時間を大切にするから残業などやりたがらない。職場ヘの帰属意識が薄いから、いやになればすぐにやめて別の仕事に就く。規制をされないで、自由にのびのびと生きることを(69)。有名大学に入って、大企業、有名企業に就職し、安定した人生設計を望んでいる若者が根強く存在することも事実である。しかし、終身雇用などなんのその、生活を楽しむことを第一義に考える短時間制社員や就職を希望しない若者たちが一方で数を増やしている。彼らは自分の個性を大切にする点でも(70)、旧世代とは異なる。 注〔1〕:ひきかえ/反対になる。

〔2〕:メス/手術や解剖に用いる鋭利な小刀。

〔3〕:きざし/これから物事がそうなることを感じさせるしるし。

〔4〕:年功序列/勤続年数や年齢によって,職場での地位や賃金が決まること。 〔5〕:薄れる/今までと比べて、その要素が少なくなる。 〔6〕:とまどう/どうしたらよいかまよう。

〔7〕:残業/きめられた勤務時間を超えて、あとに残って仕事をすること。 〔8〕:規制/規則によって物事を制限すること。

〔9〕:のびのびと/押さえつけるものがなく、自由であるようす。 61.A.落ち込んでB.悩んでC.抱えてD.むかって 62.A.ようやくB.どうやらC.とにかくD.ついでに 63.A.ようにしたB.ことになったC.ようになった D。ことにした

64.A.さらにB.しかしC.しかもD.すると 65.A.によりB.にかけC.にとってD.において

66.A.けれどもB.すなわちC.ところがD.たとえば 67.A.さらにB.しかしC.それでD.すなわち 68.A.通用できなくなったB.通用しなくなった C.有用されなくなったD.有用しなくなった 69.A.夢見るB.狙うC.思うD.求める 70.A.いまだB.またもC.またD.まだ 六、読解問題

問題一、次の各文章を読んで、後の質問に答えなさい。答えはそれぞれABCDの中から最も適当なものを一つ選びなさい。(5点) (文章1)

変わった趣味をいくつも持っている人に会ったので、いろいろ質問して教えられたことがある。ある単調な趣味について、そんなことが面白いのですかと聞くと、(何でもそうだが、一生懸命やれば面白い)という答えだったので(①)。この人は趣味についてよく分かっている人だと思ったのだが、それは、趣味のみならず仕事でも同じであり、結局、②人生全体についても同じなのだろうと思う。 71.(①)に入れるのに適当なものは次のどれか。 A.考えものになった B.同感した C.関心した D.勉強になった

72.②人生全体についても同じなのだろうと思うとあるが、ここで筆者の言いたいことは何か。

A.この人は趣味をたくさん持っているから人生を楽しんでいることだろう。 B.一生懸命やれば何でも面白いということは人生についても言えるだろう。

C.この人は変わった趣味を持っているから生き方も変わった人なのだろう。 D.人生についてもこの人から教えてもらえば面白くなることがあるだろう。 (文章2)

私は東大に合格しましたが、学力だけで言えば、私の息子は中学二年生ですが、当時の東大に合格する学力を備えています。ですから、私はそれ以上①相談に乗ってやれません。ですから、私は、おまえどこへ受かってもいいよ。お父さんは怒らないよ。何やら大学に行かなくてもいいよと、すぐそういう風に言うわけです。②自分がかつてやったから言えるわけです。そういうお父さんがもっと増えればノイローゼも減るんじゃないかと思います。③自分のことを言ってすみませんけど、そういうふうな気がしております。 73.①相談とあるが、何についての相談か。 A.学力B.進学C.入学試験D. ノイローゼ 74.②自分はかつてやったとはどういうことか。 A.筆者が息子に言った通りにしたこと B.筆者が息子と一緒に勉強していること C.筆者が昔同じような経験をしたこと

D. 筆者が他のお父さんと同じようなことを言った

75. ③自分のことを言ってすみませんけどとあるが、誰に「すみません」か。 A読者 B.息子 C.筆者 D.家族

問題二、次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。答えはそれぞれA,B,C,Dの中から最も適当なものを一つ選びなさい。(1*10=10点)

関係者との話し合い際に、同じ空間で考えることが必要である。一般的に人は自分の利益だけでものを考えよいうとする。相手のほうも相手の利益で考える。1これは同じ空間に○いないということである。同じ空間にいないと、同じ回答はなかなか出しにくい。だから、交涉をまとめるためには、兩方ともが同じ空間にいて考える必要がある。日米関係にしても、日本とアメリカを全部入れたような空間を前提にして、2そこで考えないなかなか共○通の答えが出てきにくい。○3対象として取り上げる空間を同じにするという手つづきが、たいへん重要である。

たとえば、公害問題の処理で企業が考えている空間と、地域住民が考えている空間とにちがいがある。○4そこで行動もちがっている。その二つを同じ大きさの空間に入れて、おだがいに話し合うことができれば、答えもある程度、以前よりは近づくことができるはずである。

空間の大きさについて述べたような考え方は、実は時間についても同じでなければなれない。人間の処理能力がふえるにしたがって、時間を伸ばして考えることが必要である。むかし、今夜の食事が滿足にとれるかどうかすら不確定だったときには、とても一年先のことは考えられなかった。いまは、しばらくは○5損をしても何とかやりくりがつくようになった。そうすると、やはり長期の利益を目指すようにしなければならない。そうしないと、相手との間に摩擦を起こす。○6能力に応じて利益を考える時間の幅も延ばして、短期の利益から長期の利益へという考え方にしなければならない。 (中略)

さらに空間の場合と同じように、時間を合わせる方法が必要である。たとえば、自然は、非常に長い時間のきざみで動いている。技術は短い時間で動いている。あるい時間を短くするのが技術発展そのものだ、と長い間考えられていた。反応時間を短くして生產量をふ

福利:打开支付宝首页搜索“608066754”即可领取红包,吃个早点,买杯饮料肯定够了,红包加倍最高可以领取99元红包!

「觉得内容不错,打赏支持一下」

南京廖华

觉得内容不错,打赏支持一下

使用微信扫描二维码完成支付

福利:打开支付宝扫描二维码领红包,可免费下载资料 微信:17702577729